トップ

葬儀に関する最近の事情

葬儀の形式について

焼香

家族葬で葬儀をコンパクトに

近年、葬儀を少人数の家族葬で済ませる人が増えているようです。その理由として、参列者の高齢化や遠方から参列される方が多い場合などが挙げられます。家族や親族のみでとり行ったあとに訃報をハガキや手紙でお知らせするのですが、今ではインターネットで簡単に文書の印刷を依頼できるので便利です。また、家族葬にすることによって、堅苦しくない雰囲気で故人をお見送りできるし、葬儀の代金を大幅に安くすることができます。お香典返しや参列された方のお食事などを手配する手間も省けるというメリットもあり、現代らしくコンパクトに簡略化された新しい見送り方といえます。

家族葬を選ぶメリットとは

葬儀をどのように行うのかは信仰している宗教や故人の交友関係、社会的地位の高さなどによっても異なりますが、近頃人気を集めているのは家族葬というスタイルです。これは故人と関係が近い親族や、本当に仲が良かった友人や知人を極少数集めて執り行われる新しいスタイルの葬儀です。少人数だと参列者に気を使うことなく故人とのお別れを充分に行えるというメリットと、コストを抑えることが出来るため金銭的な負担を軽減できるというメリットもあります。取り扱う業者も増えて、一般的な認知度も広がりを見せているため、心温まる見送りをしたいと考えている人たちに家族葬はおすすめです。

新着情報

↑PAGE TOP