トップ / 葬儀の知らなかったハナシ

葬儀の知らなかったハナシ

キリスト教の葬儀

焼香

キリスト教の葬儀の行い方

キリスト教はカトリックと呼ばれる旧教と、プロテスタントと呼ばれる新教に大きく二つに分かれています。葬儀に対する考え方と行い方も違いがあります。カトリックとプロテスタント違いは死に対する考え方の違いです。故人が信徒であれば、教会に連絡をとって行います。カトリックの基本的なことは、規則で決まっています。それ以外は自由です。故人がカトリックでない場合でも今は希望する場合は行うことができるようになっています。プロテスタントはどんな人でも希望すれば教会で行えます。教会での葬儀は、故人が無宗教の場合でも受け入れてくれます。

キリスト教の葬式に参加する場合

キリスト教の葬儀に参加する場合の服装は、いわゆる喪服もしくはダークスーツを着用します。靴やバックなどは黒の物を用い、真珠以外のアクセサリーを使用しないなど、参列する際の服装については基本的に一般的な仏教式の場合と変わりはありません。香典の表書きは同じキリスト教でもカトリックとプロテスタントで異なります。カトリックでは御ミサ料、プロテスタントでは御花料としますが、わからない場合は御霊前と書いておけばいいでしょう。葬儀では聖歌の合唱や献花がおこなわれます。献花の際は花が自分の右側になるように受け取り、花を手前に回してから遺影に一礼して両手で供えます。そして後ろに下がって一礼するのが基本です。

↑PAGE TOP